【食べごろ上海19】「上海環球金融中心」地下2階にあるハイソな日系フードコートで「銀だこ」を頬ばる幸せ - 子連れ海外旅行☆旅キッズ


Published on 10.10.23

【食べごろ上海19】「上海環球金融中心」地下2階にあるハイソな日系フードコートで「銀だこ」を頬ばる幸せ

「上海環球金融中心」にある日系フードコート

上海の浦東地区に、「上海環球金融中心」(SWFC、上海ヒルズ)ができてからもう2年。

オープン当初は100階にある「世界一高い」展望台パークハイアットホテルが話題になり、とっても混んでいたのですが、いまは落ち着いてきたようです。

【関連くちこみ】100階に展望台がある「上海環球金融中心」

地下2階にあるフードコート「Y’s Table」も、平日ランチタイムを除けば、さして混雑もなく快適よ~♪ という話を聞きつけてから、ちょくちょく足を伸ばすようになりました。
Y’s Tableは、東京、名古屋、大阪に展開しているレストランチェーンが出店したフードコート。
お寿司「Sushi An」や焼肉「焼肉」、とんかつ「Frits」などの和食のお店のほか、中華「家朋」やイタリアン「サルバトーレ・クオモ&バー」、パン屋さん&カフェ「BOTTEGA」、たこ焼きやさん「銀だこ」まで、合計8店舗あります。

プチゼイタクな雰囲気のフードコート

フードコートというと、郊外型スーパーなどの一角にあるような場所を思い浮かべますが、ココは高級フードコート。

インテリアや照明、テーブルウェアもモダンな感じです。

スタッフは教育されていて感じがよく、もちろん子連れでも問題なし! 子供用の椅子やテーブルウェアもちゃんと用意してくれます。

「小さな子供と一緒だし、現地の水や食事がちょっと不安」というママにも、うってつけの食事処。

上海在住ママは、子供をつれてママ友同士でココにランチに来たりしますし、週末ともなれば子供を連れたファミリーの姿も多くみかけます。

いまや、子連れトラベラーの行きたいスポットがひしめいている浦東地区

遊び疲れて、「食事、どうしようかー」という場合、Y’s Tableはお助けスポットです。

オーダーは普通のフードコートと同じ

SWFCの建物に入るには、入り口で荷物検査のセキュリティチェックを受けます。

世紀大道沿いの入り口が一番近く、入ってすぐのエスカレーターかエレベーターに乗って地下2階へ行くと、フロア全体がY’s Tableになっています。

日本にある一般的フードコートとは違ってシックな感じなので、最初は少し戸惑いますが、注文方法などは日本のフードコートと同じ。

お店のメニューをそれぞれ店先でチェックして、カウンターまたはレジにいるスタッフに注文します。

平日の昼間以外であれば、現金で支払いオーケー。あとは好きなテーブル席に座って料理が運ばれてくるのを待ちます。

キホン的にどの席でも大丈夫ですが、なにしろフロアーが広い。

テーブル席、ソファー席がまんなかのカフェ・バーカウンターをぐるりと取り囲んでいるような配置です。

注文したお店からかなり離れた場所に席をとる場合は、ひと言「あそこにいるね」と声をかけておいたほうがいいかも。

店内には日本語が通じるスタッフがいますし、カンタンな日本語の単語であれば、どのスタッフでもたいていわかってくれます。

客層は欧米人も多いので、英語も問題なし。

カリフワな「銀だこ」が食べられる幸せ

個人的には、「銀だこ」のたこ焼きがお気に入りです。

日本で食べるのとまったく同じものが8個18元(約220円)。

ふわっ&かりっ! で、おいしい! 小腹が空いたときの味方です。

ただのたこ焼きなんですが、テーブル席でほおばっていると、お茶まで持ってきてくれました。

スイーツで小腹を満たすなら「Bar」

フロア真んなかにある「Bar」は、カフェとしても大活躍。

以前ココでクレープのセットメニューを食べましたが、好きなクレープ+コーヒーまたは紅茶またはジュースを選んで38元(約464円)でした。

食べたのはティラミスのクレープで、ティラミスをくるんでアイスクリームがかかったクレープ、激うま~! でした。

マンゴープリンもかなりいけます!

また、「sweet afternoon」というセットがあって、13時から18時まで、好きなケーキと飲み物を選んで38元というメニューもあるようです。

平日のランチはプリペイドカードで支払い

平日の昼間、ランチタイムの繁忙時間(12時から13時くらいまで)のみ、キホン的に現金決済ができません。

Y’s Tableの専用プリペイドカードを使っての支払いになります。
エスカレーター下にある専用カウンターで、5元のデポジット(返金時に返却)を払ってカードを購入。その場で好きな金額を伝えてチャージします。
そして、お店での支払いの際、現金の代わりにカードを出すだけ。

もちろん、平日ランチタイム以外でもプリペイドカードは使えます。

プリペイドカードには使用期限(1年)がありますので、期限内に使いきるか、忘れずに返金手続きをしましょうね(返金可能期間はカード購入後60日)。

週末はプレイエリアも設置されます

週末には、家族客を考慮して、フロア内にはプレイエリアが出現。

ボールプールや小さな滑り台などもあり、子供たちは大喜びで遊んでいました。


夏休み中などは、子連れ家族にうれしいキャンペーン「大人1名につき子供1名無料」のオーダービュッフェもやっていました。
大人1名+子供(4才から11才まで)1名で188元(約2300円)。
お寿司やピザ、中華の点心、焼き鳥、とんかつ、たこ焼き、アイスクリームやケーキなどのデザート、ソフトドリンク類が食べ飲み放題でした。

使える日本語情報誌「ジャピオン」

オトクなキャンペーン情報は、Y’s Tableのホームページのほか、上海市内各所に無料で置かれている日本語情報誌「ジャピオン」(毎週金曜発行)によく載っています。
「ジャピオン」は上海在住者が毎週チェックしているメジャーな情報誌で、最新スポットやレストランなどの記事がたくさん。
日系の飲食店のほか、Y’s Tableのインフォメーションカウンターにも置いてあります。

旅行中、もし見かけたら手にとってチェックしてみると、便利でオトクなお店情報を入手できるかもしれません!

Y’s Table Dining & the Bar 上海環球金融中心
住所:上海浦東新区世紀大道100号
電話:021-6877-6865(日本語可)
営業時間:11時~23時
アクセス:地下鉄2号線「陸家嘴」駅6番出口から徒歩7分

LINEで送る





海外旅行を便利にするサービス  PR
・格安ツアーと航空券なら「H.I.S.」
・JALマイラーなら「JALパック」
・格安ツアーは「ABロード」で検索
・空席のみ検索して即予約「トルノス」
・ポイントもバッチリ「楽天トラベル」
・エアアジアは「Expedia」で予約
・定番の予約サイト「エクスペディア」
・プチホテルも網羅「Booking.com」
・アジアのホテルに強い「agoda」
・海外OPツアー予約の定番「Alan1」
・ハワイに強い「ダラーレンタカー」
・家族特約つきなら「JCBゴールド」
・子供専門英会話「リップルキッズ」

旅キッズのFacebookに参加しませんか?


Tags:

Back to Top ↑