【マレーシア*移住06】至福の麺料理に名物「ソルトチキン」…KLから食いしん坊も駆けつける食の街「イポー」<グルメ編> - 子連れ海外旅行☆旅キッズ


Published on 13.02.24

【マレーシア*移住06】至福の麺料理に名物「ソルトチキン」…KLから食いしん坊も駆けつける食の街「イポー」<グルメ編>

食の街「イポー」

わが家が暮らす「イポー Ipoh」は、食の街としても有名です。

周囲の石灰岩の山がそびえるイポーの水には、料理をおいしくするアルカリ成分が多く含まれています。

だから、その水でつくられたもやしや豆腐がとってもオイシイ。

今回は、イポーでぜひ食べてもらいたいオススメのメニューを紹介していきますね。

まずは、「タウゲアヤム」(もやしチキン)。

太っちょで短いもやしとぷりぷり肉厚なチキンの料理。ほかの都市からわざわざ食べに来る人もいるんだそう。

そして、「豆乳」と「豆腐花」。

街角のあちらこちらに、新鮮な豆乳を売っているお店や屋台があります。

保存料や防腐剤が入っていないので冷蔵保存で2日しか持たないのですが、ひと口飲むと大豆の香りがフワッとして、はじめて飲んだときは感動しました。

ペットボトル入り1.5リットルで約130~150円、500ミリリットルで約60円とうれしいプライス。甘いのがスタンダードですが、砂糖少なめ、砂糖なしのオーダー可能なお店も。

イポーの豆腐花は軟らかくてジューシーなのが特長。豆腐花自体は甘くなく、純粋なおとうふの味。

ブラウンシュガーや生姜シロップをかけて食べます。1杯30円からと安く、満腹時でもペロリといけちゃうので、外食後につい寄ってしまいます♪

すばらしい麺料理

イポーが錫の採掘地として発展した1890年代、中国本土から多くの人が移住してきました。

いまでも人口の約7割を華人が占める、全体がチャイナタウンのような街。

イポーの食ではずせないのが、麺料理。華人の朝ごはんの定番です。

澄んだ色と香りに重点がおかれたスープ、素材の味を活かした繊細な味付けは、日本人の味覚にもよく合います。

マレーシアの朝は涼しく、心地いい風がそよそよ。

開放的かつ活気のあるホーカー(屋台)で、広東語の喧騒に包まれながら麺を食べる。いつの間にかそれが日課になっています。

「クイティオスープミー」は、クイティオと呼ばれるお米のきし麺。良質な水のおかげでちゅるりんとノド越しよく、食欲がないときでもツルツルと食が進みます。

海老のダシがきいたスープミーが息子の大好物。

「カレーミー」は、濃厚なココナッツベース、ライムを絞ってさっぱりピリ辛…お店によって個性があります。

一度食べると、ヤミツキですヨ。

「ワンタンミー」は、ワンタンスープとタレが絡んだ麺が別々の「ドライ」タイプが主流。

ワンタンの中身は豚肉だったり海老だったり。透明なスープの絶妙な味かげんは職人技。

ほかにもさまざまな麺料理があって、紹介しきれません!! 自分好みの麺を探すのが、楽しみのひとつになっています。

「打包」を楽しもう

「打包」(ダーパオ)とは、広東語で「持ち帰り」の意味。イポーの屋台でよく飛び交っている言葉です。

外食は油が多く栄養が偏りがちなので、夜は自炊して野菜をたっぷり食べることが多いです。時間がないときは、おかずだけ買って手抜き!

わが家がよく打包するものは、以下の3つのオイシイメニュー!

1位:チャーシュー
飴色チャーシューをレタスで包んで食べるのがお気に入り。香ばしい皮がパリっとして美味! 部位も選べます。

ローストチキンやロースト鴨もオイシイですよ♪


↑3人前で約300~600円。

2位:ソルトチキン
イポー名物の、塩のなかで蒸し焼きにされたまるごとチキン。あっさりふっくらして塩加減がたまらない一品。


一羽入りの箱で約500円。

3位:パオ
小麦粉の皮に具材を包んで蒸かした中華まん。

中身は豚の角煮、チャーシューのほか、小豆、カヤ(ココナッツと卵の砂糖ペースト)など甘い系も。


↑ひとつ約35~60円。

ホテルなどにも気軽に「打包」して、イポーのグルメを楽しんでくださいネ!

LINEで送る





海外旅行を便利にするサービス  PR
・格安ツアーと航空券なら「H.I.S.」
・JALマイラーなら「JALパック」
・格安ツアーは「ABロード」で検索
・空席のみ検索して即予約「トルノス」
・ポイントもバッチリ「楽天トラベル」
・エアアジアは「Expedia」で予約
・定番の予約サイト「エクスペディア」
・プチホテルも網羅「Booking.com」
・アジアのホテルに強い「agoda」
・海外OPツアー予約の定番「Alan1」
・ハワイに強い「ダラーレンタカー」
・家族特約つきなら「JCBゴールド」
・子供専門英会話「リップルキッズ」

旅キッズのFacebookに参加しませんか?


Tags:

Back to Top ↑