【食べごろ上海03】意外に空いていると聞きつけ訪れた万博会場…でも、やっぱり各国パビリオンには長蛇の列がっ! - 子連れ海外旅行☆旅キッズ


Published on 10.07.03

【食べごろ上海03】意外に空いていると聞きつけ訪れた万博会場…でも、やっぱり各国パビリオンには長蛇の列がっ!

6月初旬の万博会場へ

開幕後数日は大いに賑わいを見せていた「上海万博」ですが、5月中旬~下旬にもなると「意外に空いているらしいよ」というウワサをちらほらよく聞くようになりました。

「ならば、猛暑が訪れる前に行ってみよう!」ということで、6月初旬、上海万博に行ってきました。

会場までの交通手段は、地下鉄で。くわしくは「上海万博・交通編」をご覧ください↓。

【関連くちこみ】地下鉄9号線から13号線に乗りえて万博会場へ

9号線、13号線ともに新しくできたばかりの地下鉄なのでキレイです。若干塗装のニオイが残っているのが気になりましたが・・・


↑万博の入場券。

各国パビリオンのある「世博大道」駅で下車

「やはり中国館と日本館を見に行かないとねー」と、まず降りたのは「世博大道」駅。各国パビリオンが立ち並ぶゾーンA、B、Cにアクセスできます。
会場内は、真っ白な高架の歩道が3つのゾーンを貫くように走っています。

ざっと会場を見渡すには、ココを歩くのがオススメ。

真夏の日射し対応に、歩道上をパラソルがずーっと立ち並んでいて、日影を歩きながら移動することができます。

歩道上には、電気自動車(カート)も走っていて、歩道の隅から隅まで片道ひとり10元。ちょっと高いな~と思いつつ、記念に乗ってみました。

想像以上に広い会場を、歩かずにざっくり見て回れます。なかなか快適でした。

パビリオンから連なる行列にビックリ

入場者数が少ないと聞いていた万博ですが、実際に来て見れば、パビリオン前に並ぶ人の多さ!

まさに長蛇の列。見ているだけで疲れてきます。

ふと携帯電話をチェックすると、「万博にようこそ!」のショートメッセージが。昨日の入場平均待ち時間が参考までに案内されていて、読んでビックリしました。

待ち時間3時間以上……ドイツ館、日本館、石油館
待ち時間2時間以上……スイス館、フランス館、スペイン館、日本産業館、イタリア館
待ち時間1時間以上……韓国館、イギリス館、アメリカ館、シンガポール館、インド館

などなど・・・。この時点で、パビリオンへの入場は早々に諦めました・・・。

朝イチもしくは閉園間際がオススメ

「そういえば、ファストパスのシステムがあった」と思い出し、案内所で聞いてみるも「今日はもう配布終了しました」との回答。

受付機械も、早々にカバーがかけられてしまっていました。
万博に行った友人たちの話を総合すると「もしパビリオンに入りたい場合は、朝イチで入場して目的のパビリオンを目指すか、夜(できれば閉園時間近く)に行くのがいい」とのこと。
とくに夜間は入場料(夜間入場券90元)が安くなり、日中の暑さも和らいで、イルミネーションが楽しめる・・・などのいい点が多いようです。

なお、夜間入場券は、万博会場のチケット売り場で16時から20時までの時間帯に販売しているそうです。


↑万博マスコット「海宝」(ハイバオ)。

幼児連れ家族用に、オムツ交換できる場所も会場各所に用意されていましたよ。

LINEで送る





海外旅行を便利にするサービス  PR
・格安ツアーと航空券なら「H.I.S.」
・JALマイラーなら「JALパック」
・格安ツアーは「ABロード」で検索
・空席のみ検索して即予約「トルノス」
・ポイントもバッチリ「楽天トラベル」
・エアアジアは「Expedia」で予約
・定番の予約サイト「エクスペディア」
・プチホテルも網羅「Booking.com」
・アジアのホテルに強い「agoda」
・海外OPツアー予約の定番「Alan1」
・ハワイに強い「ダラーレンタカー」
・家族特約つきなら「JCBゴールド」
・子供専門英会話「リップルキッズ」

旅キッズのFacebookに参加しませんか?


Tags:

Back to Top ↑