【ランカウイ】涼しい館内でほっとひと息つける…ペンギンやカビパラも飼育されているマレーシア最大級の「ランカウイ水族館」へ - 子連れ海外旅行☆旅キッズ


Published on 09.02.08

【ランカウイ】涼しい館内でほっとひと息つける…ペンギンやカビパラも飼育されているマレーシア最大級の「ランカウイ水族館」へ

カビパラやフラミンゴもいる水族館

ランカウイの水族館「アンダーウォーター・ワールド Underwater World, Langkawi」は、ランカウイ島の北西部、パンタイ・セナン Pantai Cenang地区にあります。

 

96年にオープンした、水槽を通り抜けできるトンネルもあるマレーシア最大級の水族館。さまざまな水辺の生物や魚約4000種に加え、ペンギンやフラミンゴなども飼育されています。

入場料は、大人が38リンギット(約950円)、12才以下の子供は28リンギット(約700円)と観光客向け価格です(3才以下は無料)。

館内は、ほどよくエアコンが効いていて、日中の暑い時間でも快適。内装には木や石壁など自然の素材が多用され、ジャングルのような雰囲気。通路も舗装されていて、歩きやすいです。

トイレは、ほかの公共の施設とくらべてとてもキレイでしたが、床はビチョビチョに濡れていることも多いので滑らないよう注意。隣接のおみやげもの屋のトイレは有料だそうなので、こちらですませておきましょう。

日本ではなかなか見られないようなめずらしい魚も、大きな水槽越しに観察できました。

魚以外にも、フラミンゴの池や、オウムやカピバラが飼育されたスペースもあり、子どもはいろいろ見ることができて楽しかったようです。

ペンギンが観察できるエリアへ

娘が一番熱心に見ていたのはペンギン。

館内でも、2種類いるペンギンたちはかなり広めのスペースで飼育されています。

ココにいるのは、頭に黄色い羽がある「イワトビペンギン」

さらに、別のスペースでは中型の「ケープペンギン」も飼育されており、水槽ではたくさんのペンギンが泳いだり、とても活発な様子だったので、娘は集中して見ていました。

その隣は、南極の写真が集められた写真ギャラリーとなっていて、記念撮影できるスペースもあります。探検隊とペンギンのパネルでは、くり抜いた部分に顔を入れてパチリ!

南国・マレーシアの写真とは思えない、とてもユニークな写真になりました。

暑い時間帯にぴったりの施設

マレーシアでこれだけの規模の水族館はスゴイし、展示の仕方なども工夫されていて十分楽しめました。

暑い時間に立ち寄って、お魚をみながらのんびり…という家族にオススメです。

館内はとても広かったので、水族館を出るころには、娘は少々疲れた様子でした。

ゲートを出ると、みやげもの屋があります。スーパーのような品ぞろえで、日用品なども売っており、ほかのお店よりお買い得なものもありました。地元の方もお買い物にくるそうです。

ココではビールも販売しています。マレーシアではお酒を置いていない店もけっこうあるので、こちらで購入しておくといいと思います。

ちなみに、地元のビールは1.8リンギット(約45円)と本当に安かったです!

アンダーウォーター・ワールド・ランカウイ
住所:Pantai Cenang Kedah Darul Aman Langkawi
営業時間:9時30分~18時30分(月〜木)、9時30分〜20時30分(金〜日)
入場料:大人/28RM、子供(12才以下)/28RM、3才以下は無料

LINEで送る





海外旅行を便利にするサービス  PR
・格安ツアーと航空券なら「H.I.S.」
・JALマイラーなら「JALパック」
・格安ツアーは「ABロード」で検索
・空席のみ検索して即予約「トルノス」
・ポイントもバッチリ「楽天トラベル」
・エアアジアは「Expedia」で予約
・定番の予約サイト「エクスペディア」
・プチホテルも網羅「Booking.com」
・アジアのホテルに強い「agoda」
・海外OPツアー予約の定番「Alan1」
・ハワイに強い「ダラーレンタカー」
・家族特約つきなら「JCBゴールド」
・子供専門英会話「リップルキッズ」

旅キッズのFacebookに参加しませんか?


Tags:

Back to Top ↑